LCCの特徴

今を遡る事数年前、各メディア上を急速に駆け巡った耳慣れない三文字、それがLCCであった事は記憶に新しく、瞬く間に既存の航空業界に参入したこの存在は、それまでの通常の航空会社とは全く異なると言える概念と価値観から独自のスタンスを確立しました。 従来「航空機での移動」という手段には、高級感や贅沢感がどこかしら漂うイメージが定着していたと言えるでしょう。搭乗手続き段階から搭乗、そして機内での各種接客サービスに至るまで、地上の諸々の中長距離交通手段とは一線を画す、独自の価値観が存在している事に、皆さんも異論は無いでしょう。

この価値観の対極を突くスタンスで搭乗したのがLCCであり、何よりも「格安運賃」を再優先重要視した営業戦略は登場当初はあまりに斬新だったのも、記憶に新しいところです。徹底したコストカットで「1円でも安くお客様を目的地へ運ぶ」スタイルは、運賃の安価を再優先する多くの利用者の心を掴む一方、それまで航空会社が利用者に当たり前の様に提供していた諸々のサービスを極限まで削減した営業姿勢を、あまりに味気無いと感じる人達が少なくないのもまた、航空機を利用する人達の価値観の違いを表す興味深い事象です。

過剰なコストカットが安全面や円滑な運行の支障に繋がるのでは、との声も聞こえているのも事実ですが、興味を抱き利用してからリピーターとなる利用者も右肩上がりでの増加を見せており、既存の航空会社とサービス面でのコントラストをより鮮明にしながら、今後も更に個性的な運営を続けて行くであろう事、間違いない存在です。

Copyright © 2014 LCCと普通の航空会社の違い All Rights Reserved.